• ホーム
  • Airpulse A200

フィルジョーンズデザイン最新のスピーカーシステムAirpulse A200

Airpulse A200

スマホからハイレゾまで、あらゆる音源を最高の音で再生。
アーティストは、レコーディングスタジオで、細部までこだわり抜いて音創りを行います。エアパルスA200は、伝説的デザイナー”フィル・ジョーンズ”が設計した究極のマルチメディア対応アクティブ・スピーカー。まるで目の前で生演奏しているかのような臨場感を再現します。
スマホからハイレゾまであらゆるソースに対応した入力端子。自社製造の新開発ホーンロード・リボントゥイーター+アルミコーン・ウーファーは、DSP制御のデジタルパワーアンプで各駆動するバイアンプ方式。ハイスピードで処理されたデジタル信号を高純度でD/Aコンバート。
スピーカーの概念を超えた究極のハイ・フィディリティサウンドを再生します。
  • 192KHz/24bit ハイレゾ対応
  • Bluetooth 4.0 Apt-X対応

何処からでも最高の音で聞きたい

  • Bluetooth入力
  • アナログ入力
  • バランス入力
  • 光デジタル入力
  • 同軸デジタル入力
ブルートゥース4.0をサポート、ハイクオリティサウンドを約束するApt-Xコーデックもサポートしていますから、有線、無線問わず、あらゆる音源を素晴らしい音質で再生します。

どこまでも伸びていく高音が心地いい。

超リアルサウンドを生み出すホーンロード・リボントゥイーター
トゥイーターは、オーディオマニア垂涎のホーンロード型リボン・トゥイーターです。強力なネオディミウム・マグネットとそれに見合ったトランスを組み合わせることにより、最高品質のアルミ・リボン・トゥイーターを完成させました。高感度で、高スピードな反応、広い再生帯域を持ち、繊細かつダイナミックな表現力を実現しました。

アーティストの息吹が見えてくる

低音も中音も艶と輝きが違う新開発5.5インチ・アルミコーンウーファー
  • 全てを描き切る、プロスタジオの音。 5.5 インチのウーファーは、フィルジョーンズがデザインしたアルミコーン/大型ボイスコイルを使用しています。ネオジュームマグネットの高磁力でスピーカー全体のボイスコイルを覆う構造になっています。一般のスピーカーより遥かに大きな磁場を使用することにより、高調波及び相互変調歪みを大きく減少させました。
  • 見えない細部が、見えない差を生む。 独自のアルミ合金コーン(PAAC)は、すべての綿密な分析から設計されました:精密な測定器クリペルレーザードップラー干渉計を用いて、コーンの形状、材料の種類、3D環境でのコーンの挙動を解析し、繊細なチューニングが行われています。
  • マグネシウムフレームの土台。 妥協のないパフォーマンスを最適化する為に、ハイパー剛性のキャストマグネシウム合金フレームを使用しています。優れた剛性を持つことにより、ボイスコイルから効率的に熱を放散することができ、ダイナミクスとパワーハンドリングが増します。

どんなインテリアにもなじむ普遍のデザイン

品位あるチエリーウッド柄25ミリ厚MDFエンクロージャー
キャビネットはサテン仕上げのチェリーウッド柄25ミリ厚のMDFエンクロージャーを採用しています。強力な内部ブレーシングはスピーカーを強力に固定し、キャビネットの共振も最小限抑える設計です。内部には不要な共振を抑える為に36ミリ厚の吸音材を使用しています。
また、音に影響する配線にもこだわりました。スピーカーユニットをつなぐケーブルには、定評のケーブルメーカー米国TRANSPARENT社製を採用。音情報をあますことなく伝達します。

あらゆる音源に対して最高品質を約束

高精度コンバーター、クラスDデジタルパワー・バイアンプ構成
デジタル入力用のDDコンバータには、テキサス・インスツルメントのPCM9211を使用。最高216kHzまで対応できる高性能チップにより、デジタル入力からの192kHz 24bitハイレゾ音源を余裕でサポートします。 アナログ入力には、AUX用にテキサスインスツルメント製PCM1804(バランス入力用)とPCM1802(AUX入力用)を採用し、高精度でデジタルシグナルへと変換します。
パワーアンプには、TAS5754クラスDデジタルパワーアンプを採用。ウーハーとトゥイーターそれぞれ別のアンプで駆動する贅沢なバイアンプ構成。電源部もアンプごとに個別供給されるクローズドループ構成といったハイエンド・オーディオゆずりの妥協ない設計です。歪を最小限に押さえ、クリアで開放的な音を再生します。これをDSPベースのデジタルプロセッサーで制御することにより、各スピーカーユニットを最適な状態で鳴らしきります。

削り出しのアルミニューム製リアパネル

コントロール

VOLUME/INPUT
ボリューム音量を調整。プッシュで入力信号の切り替え。長押しでBluetooth解除
BASS
ベース低音を調整します
TREBLE
トレブル高音を調整します
BALANCED IN (L/R)
バランス入力バランス形式のアナログ信号の入力端子(XLRコネクター)
AUX
AUX入力アナログ信号入力端子(RCAピンジャック)
OPT
OPT入力オプチカル(光)方式のデジタル信号入力端子
COAX
COAX入力端子コアキシャル(同軸)方式のデジタル信号入力端子
L SPEAKER OUT
Lスピーカーアウト付属のケーブルを使って側のスピーカーと接続します
AC INPUT
AC電源端子付属の電源ケーブルを接続します
POWER (ON/OFF)
パワースイッチマスター電源スイッチです。(リモコンよりも優先)

エルゴノミックデザインの
リモートコントロール

主な仕様

トゥイーター
Phase Correction Horn Loaded Ribbon Tweeter
ウーファー
5.5″ Aluminum Cone Neo Power Mid-Woofer
出力
L/R(Treble) : 10W + 10W, L/R(Min-Range and Woofer) : 55W + 55W
S/N比
L/R:≥90dB(A)
入力感度
Balance Input 1000±50mV,AUX Input 550±50mV,Bluetooth Input 1000±50mFFs,Optical Input 350±50mFFs,Coaxial Input 350±50mFFs
周波数特性
46Hz-20KHz
入力形式
AUX, Balance Input, Optical, Coaxial, Bluetooth
寸法
(WxHxD):203 x 355 x 295 (mm)
重量
19 Kg(42lbs)
付属品
リモートコントロール、電源ケーブル、左右スピーカー接続ケーブル(5m)、RCAアナログケーブル(1.5m)、光ファイバーケーブル(1.5m)、ミニジャック・RCAピンジャック変換プラグ、取扱説明書

ST-200

専用スピーカースタンド(別売)ST-200

価格
オープン
寸法
283 (w) x 650 (H) x 350 (D)mm
重量
15.1Kg

天才スピーカーデザイナーが手掛けた設計理念

PHIL JONES (フィル・ジョーンズ)

PHIL JONES (フィル・ジョーンズ)
フィル・ジョーンズは30年以上にわたり、高級オーディオの先駆者となっています。
彼の最初のハイエンドのステレオスピーカー:Acoustic EnergyのAE1は、スタジオやオーディオマニアの新たな基準となりました。それ以来、フィル・ジョーンズは、その後もコンパクトスピーカー設計の完成度を高め続けています。
フィルジョーンズデザインの最新アクティブスピーカーA200は、画期的な製品です。同様のスピーカーシステムの中でも群を抜く優れた音質と最新のテクノロジーを装備しました。

アメリカの一流プロデューサーも絶賛!

  • ボブ・ジェームス

    ボブ・ジェームスキーボーディスト、アレンジャー、プロデューサー
    スタジオでも家でも、このスピーカーばかり聴いているよ。
  • ジェフ・ウェーバー

    ジェフ・ウェーバープロデューサー
    録音スタジオで音の確認には、このスピーカーが最適だよ。

今すぐお問い合わせ

KOTOBUKIショールーム
ハウジング事業
寿工業 社長ブログ
寿工業 スタッフブログ